DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第2巻 >
2巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7053

Title: 「手作り日本人形」の導入による施設入所中の軽度認知症を有する高齢女性の健康度の改善
Other Titles: Improvement of Health Indices of Elderly Females with Mild Cognitive Impairment in a Care Home after Introduction of Hand-made Japanese Dolls
Authors: 浅井, 恭子
中島, 範
駒井, 美智子
栗原, 久
Keywords: 手作り日本人形
高齢女性
特別養護老人ホーム
情緒の安定
質問紙「健康チェック票 THI」
Issue Date: Aug-2011
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要、2(1)、59-65、2011
Abstract: 本研究は、著者の一人(中島)が製作を提案した「手作り日本人形」を用い、それに短期間(約10日間)にわたって接した、特別養護老人ホームに入所中の軽度認知症を有する高齢者の健康度変化を、質問紙「健康チェック票 THI」によって調査することを目的としている。人形の提供後、1名(79歳女性)は、「抑うつ度」、「心のストレス」の項目でやや改善が、他の 1名(94歳女性)は、身体面、精神心理面のほとんどの項目で著しい改善が見られた。本結果は、日本人としてのアイデンティティと密接に関連する「手作り日本人形」を導入することが、高齢者の健康度、特に精神面の健康度の改善に有効となる可能性を示唆している。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7053
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:2巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
p59-65_Vol2No1_Asai.pdf1.48 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback