DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第2巻 >
2巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7054

Title: 高齢者に対するDVDを使った口腔体操実施上の課題-「みんなのお口の体操」の実施アンケートから
Other Titles: Issues Regarding an Oral Functional Exercise for the Elderly People using a DVD Entitled “The Oral Exercise for Everybody” : A Questionnaire survey
Authors: 橋本, 由利子
高橋, 美砂子
Keywords: 口腔体操
口腔機能向上
高齢者
介護施設
高齢者サロン
DVD
Issue Date: Aug-2011
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要、2(1)、67-73、2011
Abstract: 「いつまでも口から食べることができるようにする」ためには口腔機能訓練が重要である。口腔機能低下予防体操である「みんなのお口の体操」の DVDを用いてさまざまな施設等で体操を実施してもらった後、実施者に対してアンケート調査を行った。そのうち高齢者に対して実施した 20名の回答を分析した。1グループあたりの高齢者数が多い介護入所施設や認知症対応型施設の場合は、環境面や認知度の面からみて、DVDを用いるよりも職員が直接体操の指導を行う方がよいと思われた。1グループあたりの高齢者数が少ないユニット型の施設では問題なく行うことができた。介護通所施設では高齢者の座る位置などの環境面に配慮するほか、施設のスケジュールを考慮して、体操の長さや実施時間帯を検討する必要があると考えられた。高齢者サロンなどの地域の高齢者には DVDによる体操指導は受け入れられやすかった。DVDを使うことによる口腔体操は、地域のさまざまな機会に手軽に取り組めることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7054
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:2巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
p67-73_Vol2No1_Hashimoto.pdf456.06 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback