DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第2巻 >
2巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7055

Title: アジアの人口変動と東アジア型福祉モデルの構築に関する研究-「DJウェルフェアリズム」論を中心に
Other Titles: Study on the Population Changes in Asia and Construction of East Asian Welfare Model Focused on DJ Welfareism Theory
Authors: 尹, 文九
Keywords: DJウェルフェアリズム
アジア共同体
圧縮・少子高齢化社会
福祉モデル
福祉レジーム
Issue Date: Aug-2011
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要、2(1)、75-86、2011
Abstract: 日本を始めとして東アジア、さらに今後はアジアの多くの地域で速いスピードで少子・高齢化が進行している。人口高齢化速度を欧米先進国とアジア諸国と比較すると、高齢化社会から高齢社会に至るのに欧米先進国は平均約 80年も所要した一方で、アジアの場合は約 20年が予測されている。このように短期間に少子・高齢化が進行することによって、社会保障を始め、社会に大きなインパクトを与えている社会を「圧縮・少子高齢化社会」という。本稿では、まず、「圧縮・少子高齢化社会」概念に基づき、アジア地域における人口変動の実態を概観した。つまり、少子・高齢化が進む背景と、それに伴ってライフサイクルがどのように変化しているのかについて概括した。そして、アジア共同体に対する機能的なアプローチの一つとして東アジア型福祉政策あるいはモデルの模索のため、1990年代以後、一般的に論じられている「ワークフェア」という用語を「DJウェルフェアリズム」論を中心に検討し、さらに、それがアジア型福祉モデルとして相応しいかどうかを検証した後、最後に、残された課題や問題点についていくつかの提案をしたい。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7055
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:2巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
p75-86_Vol2No1_Yung.pdf586.24 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback