DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.62 (2012) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7071

Title: 手術室新人看護師が抱く困難と対処法
Other Titles: Issues and Coping Techniques Among Novice Surgical Nurses
Authors: 千田, 寛子
堀越, 政孝
辻村, 弘美
新井, 裕美
永井, 歩
齋藤, 洋子
河村, 恵美
二渡, 玉江
Chida, Hiroko
Horikoshi, Masataka
Tujimura, Hiromi
Arai, Hiromi
Nagai, Ayumi
Saitou, Yoko
Kawamura, Emi
Futawatari, Tamae
Keywords: 困難
対処
手術室新人看護師
Issues
coping techniques
Novice surgical nurses
Issue Date: 1-Aug-2012
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal. 2012, 62(3), p.277-286
Abstract: 【目的】本研究は手術室新人看護師が抱く困難と対処法について分析・検討して早期離職の予防方法の知 見を得ることである. 【対象と方法】手術室看護師13名に聞き取り調査を実施後, 質的帰納的に分析した. 【結果】困難は7カテゴリ【手術室看護の覚えることの多さ】【慣れない業務への対応】【手術室看護の知 識・経験の無さ】【手術室の勤務体制による疲労】【職場における人間関係】【患者への対応】【間違いの許さ れない業務】から形成された. 対処は, 5カテゴリ【他者と話をする】【困難を前向きに捉える】【心身をリフ レッシュする】【学習することで知識を獲得する】【職場における人との接し方を考えて付き合う】から形成 された. 【結語】今後, 手術室新人看護師の早期離職予防の支援として, 思いを表出出来るような場や知 識・技術の獲得が出来る場を設け, 手術室看護師の専門性を意識づけていくことが重要である.
URI: http://hdl.handle.net/10087/7071
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.62 (2012)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
62_277.pdf440.34 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback