DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第2巻 >
2巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7191

Title: 養護実習における養護実習生の学びの実態-養護実習事後指導における質問紙調査から-
Other Titles: Reality of Nursing (Yogo) Practice in Nursing Trainees Learning: From Post-training Survey of Nursing Leadership
Authors: 八重樫, 節子
小貫, 麻美
Keywords: 養護実習
事前指導
学生の学びの実態
Issue Date: 31-Mar-2012
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要、2(2)、p183-189
Abstract: 本研究の目的は、養護実習における学生の学びの実態を明らかにし、カリキュラムのさらなる充実を目指すことである。本研究では、養護実習生を対象に質問紙調査を実施した結果、学生は実習中に養護教諭としての職業的技能の獲得に加え、児童生徒や保護者、教職員に対するコミュニケーションの必要性と、コミュニケーション能力を高める必要性を感じていることが明らかとなった。本研究によって、養護実習事前指導においては、具体的な場面に応じたコミュニケーション技術の習得を目指す必要性が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7191
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:2巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol2No2_183-Yaegashi.pdf294.75 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback