DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.62 (2012) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7312

Title: 磁石圧迫吻合術が大腸癌再発イレウスに有用であった超高齢者の1例
Other Titles: Ileus due to the Peritoneal Recurrence of Colon Cancer in an Elderly Patient Treated with Magnetic Compression Anastomosis
Authors: 新井, 正明
落合, 亮
増田, 淳
山内, 栄五郎
須納瀬, 豊
竹吉, 泉
Arai, Masaaki
Ochiai, Ryo
Masuda, Jun
Yamanouchi, Eigoro
Sunose, Yutaka
Takeyoshi, Izumi
Keywords: 磁石圧迫吻合術
山内法
超高齢者
magnetic compression anastomosis
Yamanouchi’s method
elderly patient
Issue Date: 1-Nov-2012
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal. 2012, 62(4), p.405-410
Abstract: 症例は89歳,女性.平成22年2月横行結腸癌,肝転移に対し右半結腸切除郭清,マイクロ波凝固療法を施行した.高分化管状腺癌,pSS,pN0,pH1,Stage IVであった.術後は年齢を考慮し,化学療法は行わず経過観察していた.平成23年12月,食思不振,腹痛,腹部膨満感が出現したため当科を受診し,イレウスの診断で入院した.イレウス管を挿入したところ症状の改善を認めたが,再びイレウス症状が出現した.イレウス管造影,CT,下部消化管内視鏡検査ならびにその際行った造影検査で,右上腹部に腫瘤性病変がみつかり,内視鏡検査中の吸引組織から癌が判明した.腹膜播種の小腸浸潤と診断した.ステント挿入は困難で,年齢を考慮すると,手術のリスクも高いため,磁石圧迫吻合術を行った.術後経過は良好で,全粥が食べられるようになり,外泊もしたが,退院間近の第42病日に誤嚥性肺炎で急変して亡くなった.大腸癌腹膜再発によるイレウスの超高齢者に,磁石圧迫吻合術を行った1例を経験したので,若干の文献的考察を加えて報告する.
URI: http://hdl.handle.net/10087/7312
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.62 (2012)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
62_405.pdf2.01 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback