DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.62 (2012) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7318

Title: 亜砒酸投与により深昏睡を来たした前骨髄球性白血病の一例
Other Titles: Deep Coma in a Patient with Promyelocytic Leukemia Treated by Arsenic Trioxide
Authors: 外山, 耕太郎
佐藤, 成
田原, 研一
神保, 貴宏
村上, 博和
野島, 美久
塚本, 憲史
Toyama, Kohtaro
Sato, Naru
Tahara, Kenichi
Jinbo, Takahiro
Murakami, Hirokazu
Nojima, Yoshihisa
Tsukamoto, Norifumi
Keywords: 急性前骨髄球性白血病
亜砒酸
深昏睡
acute promyelocytic leukemia
arsenic trioxide
coma
Issue Date: 1-Nov-2012
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal. 2012, 62(4), p.419-422
Abstract: ヒ素は腹部症状,多発神経炎,ときに中枢神経症状などの急性中毒をきたす重金属として知られている.Arsenic trioxide(ATO)療法は再発・難治性の急性前骨髄球性白血病(APL)に対して有効な治療法で,その副作用の多くはコントロール可能である.我々はAPL再発に対してATO単独療法施行後に昏睡状態となった症例を経験した.ATO投与の副作用として中枢神経症状は非常にまれで,これまでに意識変容を呈した症例は4例報告されているが,いずれもその背景に原因となり得る基礎疾患を有していた.我々の経験した症例は諸検査で深昏睡を来す他の原因が証明されず,24時間後に回復したのちに深昏睡の再燃を認めていないことから,ATO投与により深昏睡を呈したものと思われた.
URI: http://hdl.handle.net/10087/7318
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.62 (2012)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
62_419.pdf555.62 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback