DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第2巻 >
2巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7320

Title: 介護職員のセルフ・エスティームと倫理観に関する研究
Other Titles: Research on the Relationship between Self-esteem and Ethical Senses in Care Workers
Authors: 荻野, 基行
Keywords: セルフ・エスティーム(S・E)
介護職
倫理観
Issue Date: 31-Mar-2012
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要、2(2)、p105-114、2012
Abstract: 本稿では、介護職員のセルフ・エスティームと、彼らの倫理観との関連を検証した。倫理観の中では「深い洞察力がある」の項目の平均値が最も高く、セルフ・エスティームとの関連では、中群と高群で最も高かった。セルフ・エスティームと倫理観の相関関係では、中群にのみ11項目中4項目において相関関係があり、高群と低群にはみられなかった。以上のことから、中程度のセルフ・エスティームは倫理観を高めることにつながると考えられる。また、セルフ・エスティームは、介護福祉士では4項目において相関関係がみられたが、介護福祉士でない人では相関関係がみられなかった。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7320
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:2巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol2No2_105-Ogino.pdf357.16 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback