DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
82 国際センター >
8202 群馬大学国際教育・研究センター論集 >
第11号 (2012) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7405

Title: 昭和期の真言宗と「喇嘛教」―田中清純を中心に―
Other Titles: The Interaction between Lamaism and Shingon-syu ; based on materials left by Tanaka Seijun
Authors: 高木, 康子
Komoto, Yasuko
Keywords: 昭和期
真言宗
喇嘛教
チベット仏教
田中清純
パンチェンラマ
Issue Date: Mar-2012
Abstract: 昭和戦時期、すなわち満洲事変から1945(昭和20)年の終戦までの昭和期において、日本の外務省、軍部そして仏教各派が、当時「喇 教」と呼称されたチベット仏教に対して様々な活動を行っていたことに関しては、現在未調査の部分が大きい。本稿はその中でも、真言宗に注目し、満洲国建国前後に行われた、チベット仏教第二の活仏パンチェンラマとの接触の模様を、中心人物の一人田中清純に焦点をあてて考察する。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7405
ISSN: 2185-8209
Appears in Collections:第11号 (2012)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
02_komoto.pdf746.34 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback