DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
10 教育学部 >
1021 附属学校教育臨床総合センター >
102101 教育実践研究 >
第30号 (2013) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7477

Title: 中学校音楽における効果的・効率的な箏の授業の手立て ―教育学部と附属中学校連携授業から見る一考察―
Other Titles: Effective and efficient measures for middle school koto classes : from the cooperation between school of education and its affiliated junior high school
Authors: 菅生, 千穂
五十嵐, 正登
Sugo, Chiho
Igarashi, Masato
Keywords: 
和楽器
附属中学校
連携授業
Koto
Japanese instrument
affiliated school
cooperation
Issue Date: 25-Mar-2013
Publisher: 群馬大学教育学部附属学校教育臨床総合センター
Citation: 群馬大学教育実践研究. 30, 51-60 (2013)
Abstract: 中学校で和楽器の授業が必修化されて早10年が過ぎ、授業実践は広がりつつある。しかし実際の現場では、調達可能な楽器数の不足、調絃等の物理的準備の大変さに加え、授業時数が少ないために内容が充実しない等未だに問題が多い。本論は、平成22年度と23年度に教育学部と附属中学校で行った箏の連携授業の実践から、中学校音楽の限られた時数の中でより効果的・効率的な箏の授業を行う手立てを探るものである。連携授業は附属中学校第1・第2学年各4クラスにおいて各2時間行い、学部教員は授業者として、教育学部音楽教育専攻生は授業支援者として参加した。この実践をもとに本稿では、具体的な教材・手立てとして①3人1面での活動の利点、 ②基礎技能習得のための「親指AB練習シート」、③「わらべうた」「名前呼びリレー」「俳句de創作」などの五音音階を用いた創作活動、④琉球民謡「てぃんさぐぬ花」の手立て⑤表現とリンクする鑑賞活動、の5つの視点から述べる。これらを踏まえた考察としては、中学生の「仮面性」に対し、「創作的要素が強い3人一組での活動」が主となる箏アンサンブルでは、箏の有効な「道具性」が見て取れた。同時に「生徒の音楽的創造のプロセス」を評価する指導・支援の在り方も、これらの手立てを有効にする重要な視点であるといえる。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7477
ISSN: 0912-3911
Appears in Collections:第30号 (2013)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
NO30_2013_07.pdf3.43 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback