DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.63 (2013) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7504

Title: 台湾政府によって派遣された国際保健医療ボランティアの活動に関する分析
Other Titles: Analysis on activities of international health and medical volunteers dispatched by the Taiwanese government
Authors: 森, 淑江
李, 亞員
李, 孟蓉
Mori, Yoshie
Li, Ya-Yuan
Lee, Moyo
Keywords: 台湾
ボランティア
国際医療協力
派遣
看護師
Issue Date: 1-Feb-2013
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal. 63(1), 45-50 (2013)
Abstract: 【目的】台湾が派遣してきた医療ボランティアの特徴を明らかにするとともに,看護ボランティアの活動の意義を考察する.【方法】台湾の医療ボランティアについて ICDFから入手した資料,文献をもとに分析した.【結果】 1996年から 2012年 10月までに 562名のボランティアが派遣され,医療ボランティアは 1999年から 83名派遣されていた.派遣国は国交のない 4か国を含む 20か国で,中南米・カリブ地域が 50.6%,次いで大洋州,アジア,アフリカの順だった.派遣された看護師は 70名で,活動内容は病院での看護活動 21.4%,地域保健活動 50.0%等であった.アジアと中南米・カリブでは健康管理を中心とした活動が,アフリカでは,疾病・負傷に対応する看護活動が主に行われていた.【結語】台湾にとってボランティア派遣は外交手段として大きな意味を持っていた.アフリカへの看護ボランティア派遣は病院の人的補.として行われており,地域保健の推進が今後の課題である.
URI: http://hdl.handle.net/10087/7504
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.63 (2013)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
63_45.pdf514.03 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback