DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.63 (2013) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7512

Title: 菊地病10例の臨床的検討
Other Titles: A Clinical study of 10 cases of Kikuchi's disease
Authors: 島野, 俊一
梅澤, 公彦
星野, 洋一
町田, 守也
田谷, 禎増
東郷, 望
須藤, 幸一
川合, 重夫
山田, 勲
荒井, 剛
東郷, 庸史
小島, 勝
Shimano, Shun-ichi
Umezawa, Kimihiko
Hoshino, Yoichi
Machida, Moriya
Taya, Teizo
Togo, Nozomi
Suto, Koichi
Kawai, Shigeo
Yamada, Isao
Arai, Takeshi
Togo, Yasushi
Kojima, Masaru
Keywords: 菊地病
リンパ節腫脹
CRP
Issue Date: 1-May-2013
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal. 63(2), 109-117 (2013)
Abstract: 背景と目的】菊地病は良性疾患であるが,若い人に多く発症するため,その臨床的所見を検討した.【対象と方法】 2004年以来 8年半の間に恵愛堂病院において菊地病と診断された 10例を対象とした.リンパ節は免疫学的,組織学的検討を行った.【結果】対象は男性 6例,女性 4例で年齢は 17歳から 45歳に分布し中央値は 32歳であった.表在性リンパ節腫脹は片側の頚部が 9例であった.発熱は 9例中 7例で確認されたが,リンパ節の自発痛は全例で認められなかった.検査所見では LDHは軽度上昇し, CRPは 10例中 8例が正常であった.病理組織学的には多数の大型のリンパ系芽球,アポトーシスに陥った核片を貪食した組織球に加え,形質細胞様樹状細胞や小リンパ球が見られたが,好中球は認められなかった.【結語】片側の頚部の表在性リンパ節腫脹と発熱を来たした若年者では菊地病も考慮して診察することが望ましいが,悪性リンパ腫を鑑別するためにはリンパ節の生検をすることが望ましい.
URI: http://hdl.handle.net/10087/7512
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.63 (2013)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
63_103.pdf582.23 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback