DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.63 (2013) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7515

Title: がんサバイバーがセルフヘルプグループでの活動を通じて新たな役割を獲得するプロセス
Other Titles: The Process by which cancer survivors acquire new roles through the activities of self-help groups
Authors: 室田, 紗織
武居, 明美
神田, 清子
Muroda, Saori
Takei, Akemi
Kanda, Kiyoko
Keywords: がんサバイバー
セルフヘルプグループ
役割獲得
修正版グランデットセオリー・アプローチ
Issue Date: 1-May-2013
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal. 63(2), 125-131 (2013)
Abstract: 【目的】がんサバイバーが,セルフヘルプグループ (SHG)での活動を通じて,新たな役割を獲得するプロセスを明らかにする.【対象と方法】 SHGで活動するがんサバイバー10名を対象に,半構成的面接を行い, M-GTAの手法を用いて分析を行った.【結果】がんサバイバーが SHGでの活動を通じて新たな役割を獲得するプロセスは,『他のがんサバイバーへ抱き始める関心』から始まった.『がんサバイバーからの享受と相互作用の実感』を得ながら活動を継続していく中で,『社会のために活動する役割意識』へと向かっていた.また,「がんゆえに生じる恒久的な苦悩」が影響していた.【結語】がんの恩恵を見出すことが新たな役割を得るために欠かすことができないステップであった.またがんサバイバーは, SHGの情報提供機能を求めていた.そのため看護師は,他のサバイバーとの相互作用を高める関わり,SHGが的確な情報提供の場になるような支援を行うことが求められる.
URI: http://hdl.handle.net/10087/7515
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.63 (2013)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
63_125.pdf452.5 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback