DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.63 (2013) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7520

Title: 肺高血圧の治療により労作時呼吸困難が憎悪した間質性肺炎の一例
Other Titles: A Case of interstitial pneumonia whose symptoms were exacerbated by treatment of pulmonary arterial hypertension
Authors: 増渕, 裕朗
須賀, 達夫
神戸, 将彦
相澤, 智弘
上野, 学
原, 健一郎
青木, 史暁
青木, 望
前野, 敏孝
倉林, 正彦
Masubuchi, Hiroaki
Suga, Tatsuo
Kanbe, Masahiko
Aizawa, Tomohiro
Ueno, Manabu
Hara, Kenichiro
Aoki, Fumiaki
Aoki, Nozomi
Maeno, Toshitaka
Kurabayashi, Masahiko
Keywords: 間質性肺炎
肺高血圧症
低酸素性肺血管攣縮
換気・血流不均衡
Issue Date: 1-May-2013
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal. 63(2), 159-164 (2013)
Abstract: 症例は 55歳女性. 2001年 1月より非特異性間質性肺炎に対してプレドニゾロンと免疫抑制剤による治療を行っていた. 2009年 10月,肺高血圧症の合併による労作時呼吸困難の増悪を認め.ボセンタンとシルデナフィルの治療を導入した.治療開始後,肺血管抵抗は著明に改善したが,呼吸困難はむしろ増悪し,症状の日内変動を認めた.この原因として,ボセンタンとシルデナフィルによる肺血管床の拡張により,換気・血流不均衡が増悪したことが考えられた. 肺高血圧症は間質性肺炎の予後不良因子の一つである.その治療によって呼吸状態が改善することが示されている一方で,増悪する症例も報告されている.血管拡張薬は,慢性呼吸器疾患による低酸素血症に対する代償反応として生じている肺血管の収縮反応を解除することで,換気に関与しない肺胞への血流を増加させてしまい,換気・血流不均衡を増大させる,という機序が想定されている.間質性肺炎の治療において,合併した肺高血圧症への治療により呼吸状態が増悪する可能性を考慮しなくてはならない.
URI: http://hdl.handle.net/10087/7520
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.63 (2013)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
63_159.pdf1.06 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback