DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第13号 (2013年) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7704

Title: 先天性疾患が出産後の母親に与える心理的影響 ―口唇裂・口蓋裂乳児の母親における抑うつ得点の2点間比較
Other Titles: Psychological impact of congenital disease on conditions of mothers of infants with cleft lip and/or palate during the first 6 months from birth
Authors: 松本, 学
中條, 哲
幸地, 省子
足立, 智昭
遠藤, 利彦
Keywords: 先天性疾患
口唇裂・口蓋裂
乳児期
母親
抑うつ
Issue Date: 31-Mar-2013
Publisher: 共愛学園前橋国際大学
Abstract:  口唇裂・口蓋裂を有する乳児とその母親について、生後と6ヶ月の2点間の縦断調査を行った。調査は面接調査、アンケート調査にて行われ、それぞれの結果について分析を行った。その結果、Time1(生後1−3ヶ月時点)でのBDI-Ⅱ得点は、Time2(生後5-7ヶ月時点)と比較して有意に高いことが明らかになった。また、面接調査では、母親のショックや罪障感が語りから見いだされた。このことから、生後6ヶ月頃までの母親とその家族にむけて心理的状態に注意を要すること、また母親・家族支援の重要性が指摘された。近年、出生前診断に伴い、告知の時期が早まっていることもあるため、現在の調査を引き続き行うとともに、各診療科の緊密な連携に基づく、より個の実情に即した支援を構築する必要性があろう。
Description: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10087/7704
Appears in Collections:第13号 (2013年)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2013-matsumoto.pdf426.76 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback