DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第3巻 >
3巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7721

Title: 明治学制期における書字教育の質的転換
Other Titles: Qualitative Conversion of Calligraphy Education in the Early Meiji-Era
Authors: 鈴木, 貴史
Keywords: 習字
学制
小学校
習字教育
Issue Date: 25-Mar-2013
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要,3(1),p67-74,2013.3
Abstract: 毛筆書字教育は、近世の教育においては学びの基本・中核とされたものであり、①心の修養、②実用、③学問を含んだ総合的な学習であった。しかしながら、1872(明治5)年の「学制」において書字教育は解体され、独立した科目として「習字」科が設けられた。「学制」および「小学教則」では、書字教育の有していた総合的な機能の多くが他の教科に移行され、書字教育の総合的な学習からの質的な転換が図られた。こうして、「習字」科の成立は、実用性や知育としての機能が縮小し、以後の小学校の教育課程においてその地位を低下させていく契機となった。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7721
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:3巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
大学院紀要Vol.3 No.1_p67-74.pdf741.81 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback