DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
新島学園短期大学(Niijima Gakuen Junior College) >
10 新島学園短期大学紀要 >
第32号 (2012) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7727

Title: 飛込ジュニア選手の為の手関節保護リストラップの改良
Other Titles: The improvements of wrap to protect wrist for junior divers
Authors: 後藤, 香織
Goto, Kaori
Keywords: 飛込ジュニア選手
手関節保護
リストラップ
Issue Date: 31-Mar-2012
Publisher: 新島学園短期大学
Citation: 新島学園短期大学紀要.32,157-164(2012)
Abstract: 飛込競技においては2006年のルール改正により12~13才の高飛込の高さ制限は5メートルから7.5メートルに、14~15才の高飛込が7.5メートルの制限が10メートルになった。このことは成長期の骨に大きな衝撃を与えることが予想される。特に障害の多い手関節は、水に垂直に手の平を当てるために、手関節に疲労骨折、捻挫をおこす。衝撃に耐えるための鍛錬や十分な休養をとることに加え、第三の方法として用具の改良が考えられる。このための要件として①衝撃吸収性能をもっている②手関節を過伸展させない③柔らかく曲がる形と材質④演技の妨げにならない形、大きさ、硬さ②水中で変形や剥離などがない、という要件を満たす要件からリストラップの改良を行ったところ、衝撃吸収素材を用いることがよいことがわかった。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7727
ISSN: 1880-2141
Appears in Collections:第32号 (2012)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
後藤.pdf8.44 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback