DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
新島学園短期大学(Niijima Gakuen Junior College) >
10 新島学園短期大学紀要 >
第32号 (2012) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7743

Title: 自然のしくみに基づく科学教授法
Other Titles: A method of teaching science based on the mechanism of nature
Authors: 高野, 庸
Takano, You
Keywords: 科学教授法
科学リテラシー
Issue Date: 31-Mar-2012
Publisher: 新島学園短期大学
Citation: 新島学園短期大学紀要.32,165-170 (2012)
Abstract: 近代科学技術に囲まれた生活の中で必要な、市民的教養としての科学リテラシーの向上を達成するために、現代の自然像に基づく科学教育の方法の骨子を明らかにする。バラバラに発展した近代科学の枠組みで行われている現行理科教育の行き詰まりを改善するために、新しい自然像に則った自然界を捉える枠組自体の転換の必要性を説き、近代科学の各分野毎に得られた知見を再編・再構築する手順を具体化する。さらに、実際の教育現場でこれを実行する際に遭遇する問題点を整理し、その解決の筋道を明確にする。その方法は、スポーツや囲碁・将棋等のゲーム類の上達と対比される。スポーツ・ゲームでは、常にルールを意識することが強制されるが、自然の理解の場合には、ルールに相当する法則をイメージすることには強制力が働かないため、それを補う手段として、学習者がその気にさえなれば、どこでどの法則をイメージすればよいかが判る教材を準備する。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7743
ISSN: 1880-2141
Appears in Collections:第32号 (2012)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
高野.pdf228.62 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback