DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
上武大学(Jobu University) >
03 紀要論文 (Departmental Bulletin Paper) >
0306 上武大学ビジネス情報学部紀要 >
第11巻 第1号, 第2号 (2012) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7793

Title: OECD投資の政策枠組みとその東南アジア諸国への適用に関する一考察
Other Titles: A Survey of the OECD Policy Framework for Investment and its Application to Southeast Asian Countries
Authors: 藤田, 輔
FUJITA, Tasuku
Keywords: OECD
開発
投資
UNCTAD
東南アジア
Issue Date: 28-Dec-2012
Publisher: 上武大学
Citation: 上武大学ビジネス情報学部紀要. 2012, vol.11, no.2, p.131-179
Jobu Daigaku Bijinesu Joho Gakubu kiyo (Bulletin of Faculty of Business Information Sciences, Jobu University). 2012, vol.11, no.2, p.131-179
Abstract: OECDが2006年に策定した「投資のための政策枠組み(PFI:Policy Framework for Investment)」は、投資環境の向上に重要とされたいくつかの政策分野について、途上国政府が検討できるようチェックリストを提供している。PFIは、これまで、OECDにとって戦略的利益のある地域である東南アジアを含めて、20カ国前後のOECD非加盟国に適用されてきており、投資環境の自己審査及びその改善に貢献している。 以上を踏まえて、本稿では、(1) 投資と開発に関する国際的議論、(2) PFI策定の経緯とその概要、(3) PFIの普及状況と最近の動き、(4) UNCTADのアプローチとの比較・検討、(5) PFIの東南アジア諸国への適用、の5点に絞って、主に国際政治経済学もしくは国際制度論的な観点から、OECDの投資政策アプローチの現状及びそこでの政策議論を分析することとする。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7793
ISSN: 1884-7293
NII paper ID: http://ci.nii.ac.jp/naid/110009509263
Appears in Collections:第11巻 第1号, 第2号 (2012)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
729-11(2)-131.pdf1.12 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback