DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
上武大学(Jobu University) >
03 紀要論文 (Departmental Bulletin Paper) >
0308 上武大学看護学部紀要 >
第08巻 第1号(2013) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7942

Title: 日本の看護教育におけるOSCEの現状と課題に関する文献レビュー
Other Titles: A research review: Trends and future directions on OSCE in nursing education in Japan
Authors: 小西, 美里
KONISHI, Misato
Keywords: OSCE
看護教育
文献検討
Issue Date: 31-Mar-2013
Publisher: 上武大学
Citation: 上武大学看護学部紀要. 2013, vol.8, no.1, p.1-8
Jobu Daigaku Kango Gakubu kiyo (Bulletin of Faculty of Nursing, Jobu University). 2013, vol.8, no.1, p.1-8
Abstract: 本学基礎看護学領域では、低学年から知識とともに臨床実践能力を育成し、それを適切に評価し、フィードバックすることを目的にOSCE(Objective Structure Clinical Examination:客観的臨床能力試験)導入を検討している。すでにOSCE を実施している機関もあり、またその数は徐々に増えつつあるが、その実態は明らかになっていない現状にある。そこで本研究では、わが国の看護教育におけるOSCEの現状と課題を明らかすることを目的とし文献検討を行った。 レビュー対象として抽出した12文献の研究内容を独自に作成したフォーマットに基づきまとめ、OSCEの実際、OSCEの効果、学生の反応、研究課題の4つの視点で文献をレビューした。結果、看護の分野においては、OSCEは話題になっているが、まだ実施している教育機関は少なく、実施にあたって試行錯誤の段階にあることが明らかになった。OSCEの効果については、学生の反応からも学習課題の明確化や学習態度の習得等が明らかになった。一方、教員の負担や資源等の欠 点も明らかになった。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7942
ISSN: 1880-747X
1884-7315
NII paper ID: http://ci.nii.ac.jp/naid/110009613154
Ichushi ID: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014160429
Appears in Collections:第08巻 第1号(2013)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
731-08(1)-001.pdf808.16 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback