DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.64 (2014) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/8131

Title: Mental rotation 反応時間と利き目の関係
Other Titles: The Reaction Time of Mental Rotation Influenced by the Dominant Eye
Authors: 原, 大地
Hara, Daichi
山口, 俊輔
Yamaguchi, Shunsuke
下田, 佳央莉
Shimoda, Kaori
勝山, しおり
Katsuyama, Shiori
増田, 樹
Masuda, Tatsuki
十枝, はるか
Toeda, Haruka
中沢, 信明
Nakazawa, Nobuaki
李, 範爽
Lee, Bumsuk
外里, 冨佐江
Tozato, Fusae
Keywords: メンタルローテーション
連動イメージ
性差
利き手
利き目
mental rotation
motor image
sex
dominant hand
dominant eye
Issue Date: 1-Feb-2014
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal = 北関東医学. 2014, 64(1), p.37-42
Abstract: 【序論】Mental rotation (以下,MR) とは, 3次元空間で自由に回転する図形が何であるのかを照合する心的活動である.リハビリテーション領域においても治療的介入手段として,MR の基礎研究・臨床応用が進められている. 身体部位を用いた回転画像を提示した時の反応時間は, 回転角度の増加に伴い遅延すると報告している. 反応時間は, 加齢やスポーツ実施などによる影響があると報告されている. このように年齢や表示角度に関するMR の関連については報告がみられているが, 視覚情報の入力に関与すると思われる眼機能(利き目) とMR との関係を報告した論文は少ない. したがって, 本研究では身体部位である手の回転画像を用いて,これまでに報告されてきたMR 反応時間と性差,利き手との関連に加え,利き目の属性との関連を検討することを目的とした. 【方法】本研究は群馬大学倫理審査委員会により承認された. 対象は103名の健常大学生(平均年齢20.9±2.2歳,男性51名,女性52名,右利き目者59 名,左利き目者44名) であった.課題は両手の画像が0°, 90°, 180°, 270°回転してある32枚の写真によって構成され, それらの写真がランダムにPC の画面に表示された. 被験者は画像を見て, それが右手なのか左手なのかをPC のキーを押すことで回答し,MR 反応時間と回答が記録された.統計解析は一元配置分散分析,独立したt 検定を行った.解析には統計ソフトIBM SPSS Statistics 20を使用し, 有意水準を5%とした. 【結果】MR 反応時間は, 回転角度の180°と0°, 90°, 270°間で有意差がみられた(p<0.05). 利き目では有意差がみられたが(p<0.05), 性別, 利き手では有意差はなかった. 【考察】MR 反応時間は性別, 利き手ではなく利き目と関連があることが示唆された. すなわちMR に関連する情報処理過程は利き目によって異なることが示唆された.
URI: http://hdl.handle.net/10087/8131
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.64 (2014)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
64_37.pdf1.09 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback