DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第4巻 >
4巻2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/8825

タイトル: 人々を楽しませる赤城山の魅力 2.赤城山をめぐる伝説とそのルーツの考察
その他のタイトル: Appealing Points for Enjoyment at Mt. Akagi 2. Traditions Related to Mt. Akagi and the Examination of Their Roots
著者: 栗原, 久
キーワード: 赤城山
伝説のルーツ
歴史上の出来事
上毛野国(群馬県の古代名)
発行日: 2014年3月25日
出版者: 東京福祉大学・大学院
引用: 東京福祉大学・大学院紀要4(2),pp155-167,2014.3
抄録: 赤城山は群馬県(上毛野国:かみつけのくに)を代表する山であり、古くから信仰の対象であった。そのため、赤城山にまつわる伝説が数多くある。伝説の中には根拠が定かでないものも含まれているが、地域に根ざした何らかの理由を秘めている可能性がある。本論文で取り上げた伝説は、赤城山の神、龍神・大蛇と水、地名、地形、気象、および下毛野国(栃木県)、常陸国(茨城県)、上総国(千葉県)や会津国(福島県西部)といった他地域との連携・争いなどである。これらの伝説は、古代(古墳時代)から近世(江戸時代)の長年にわたる、赤城山麓の人々の生活や歴史上の出来事に由来しているものと考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/10087/8825
ISSN: 1883-7565
出現コレクション:4巻2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
vol4-2p155 KURIBARA.pdf896.12 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください