DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第14号 (2014年) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/8828

Title: ICTの有効活用におけるバタフライのカタストロフィー・モデル
Other Titles: A Butterfly Catastrophe Model of Effective Utilization in ICT Usage
Authors: 村山, 賢哉
Keywords: 情報化社会
情報倫理
情報の取り扱いに関する問題構造
ユーザ・コンプライアンス
遅れの規約
Issue Date: 31-Mar-2014
Publisher: 共愛学園前橋国際大学
Abstract:  本研究では、現在の情報化社会におけるICTユーザの多様な特性を捉えるための「ICTの有効活用におけるバタフライのカタストロフィー・モデル」を提案する。このモデルは、ICTユーザの特性を、ユーザ・コンプライアンス(平常要因),専門性(分裂要因),法的規制(バタフライ要因),情報倫理教育(バイアス要因)といった4つのコントロール要因によって3次元空間上に記述するものである。これにより、今後の情報化社会においてICTの有効活用度(状態変数)を高めていく際に求められるアプローチの方向性を示唆する。
URI: http://hdl.handle.net/10087/8828
Appears in Collections:第14号 (2014年)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2014-murayama.pdf651.53 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback