DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第14号 (2014年) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/8835

Title: 道徳教育の研究に関する覚書
Other Titles: A Note on a Study of Moral Education
Authors: 平岡, さつき
Keywords: 教育課程
学習指導要領
道徳教育
「人間固有のよさ」
生き方
Issue Date: 31-Mar-2014
Publisher: 共愛学園前橋国際大学
Abstract:  日本で進められようとしている道徳の教科化には十分な議論がなされるべきである。  本稿ではまず、道徳教育の実践研究についての視座を得るために、徳とは何か、道徳教育とは何かについて1970年代の勝田守一の論考をおさえた。次に、現行の学習指導要領にみる道徳教育の理念や目標、学習指導要領改訂の背景等について、その特徴を確認したうえで、道徳教育が今日どのように展開されているか概観して考察を加えた。
Description: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10087/8835
Appears in Collections:第14号 (2014年)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2014-hiraoka.pdf460.46 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback