DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
82 国際センター >
8202 群馬大学国際教育・研究センター論集 >
第13号 (2014) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/8842

タイトル: 異文化間コミュニケーション場面におけるコンフリクト事例とアサーション -関連文献からの示唆-
その他のタイトル: Cases of Assertiveness and Conflict in Cross-Cultural Communication : An Analysis and Suggestions from Relevant Sources
著者: 園田, 智子
Sonoda, Tomoko
キーワード: アサーション
コンフリクト
事例
異文化間コミュニケーション場面
解決方略
assertiveness
conflict
case
cross-cultural communication
context
resolution strategy
発行日: 2014年3月
出版者: 群馬大学国際教育・研究センター
引用: 群馬大学国際教育・研究センター論集. 13, 1-13. (2014)
抄録: 本稿では、日本人が、多国籍の人々とコミュニケートするとき、文化背景の異なりによって、どのような誤解や摩擦が生じるのか、また、どのように反応し対応するのか、その傾向を明らかにし、その典型事例を模索するため、文献研究によって具体的事例を収集、分析することとした。日本人と外国人の間で起こるコンフリクト事例を多様な資料から収集し、人物の関係性及び場面、解決方略、結果等、それぞれの指標を設定して分析した。その結果、場面においては、国内におけるコンフリクトは、海外場面に比べるとビジネス場面及び支援者と外国人の間のコンフリクト場面に偏っていること、また、解決方略に関しては、間接・一方向性が強く、逃避や融通といった自分自身を抑制する方略をとる傾向があることがわかった。しかし、双方向の方略がとられない多くの事例では、コンフリクトの解決に至っていないものが多く、双方向でのなんらかの交渉が重要であることが示唆された。
内容記述: This paper is intended to explain the conflict trends or misunderstanding that occur when Japanese speakers communicate with people of different cultural backgrounds. In order to examine cases of cross-cultural conflict, I have conducted a literature review and an analysis to identify cases of cross-cultural communication conflicts between Japanese and non-Japanese speakers. The data was analyzed and categorized by setting each indicator as follows: relationship between individuals, context/situation, and resolution strategy. As a result of this analysis, it was found that an extremely limited amount of topic-related data is currently available in Japan. Until now, the only contexts that have been investigated are limited to cases that have occurred in the areas of business and volunteering, where interaction between Japanese and non-Japanese takes place. As a resolution strategy, I have found that there is a tendency for an “indirect and unidirectional strategy,” (source) leading to an approach of either “escape” or “concession.”Consequently, as a result of not choosing a two-way negotiation strategy, it is not possible to reach a conflict resolution.
URI: http://hdl.handle.net/10087/8842
ISSN: 2185-8209
出現コレクション:第13号 (2014)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
GKOKUS-13-01.pdf380.34 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください