DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
82 国際センター >
8202 群馬大学国際教育・研究センター論集 >
第13号 (2014) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/8843

Title: 中日両国の異文化コミュニケーション科目の比較研究 -シラバスを通して-
Other Titles: Comparative study of Intercultural Communication Syllabus between China and Japan
Authors: 李, 明玲
牧原, 功
Li, Mingling
Makihara, Tsutomu
Keywords: 異文化コミュニケーション
シラバス
大学
Issue Date: Mar-2014
Publisher: 群馬大学国際教育・研究センター
Citation: 群馬大学国際教育・研究センター論集. 13, 15-26. (2014)
Abstract: インターネットで公開されている異文化コミュニケーション科目のシラバスを日中で比較した。その結果、中国の開講部局は外国語学院に集中しているのに対して、日本では多岐にわたっていること、授業内容は共通する部分もあるが、中国では語用論に重きをおき、日本のほうはプレゼンテーションやトレーニングなどを多く取り入れていることがわかった。評価方法については中国では学期末での評価が重要視されるが、日本では多角的な評価を実施していることが伺えた。
Description: This paper is based on a comparison of Intercultural Communication syllabus opened to the public on the Internet. The comparison are show three results. Firstly the participants are different in both countries, one is Foreign Language Colleges mainly on China anther is colleges in Japan. Secondly some contents are similar but the pragmatics be focused on China and Japan focus on Presentation and Training. Finally the Grade Breakdown are different on both country, one are Summative Assessment anther are Formative Assessment.
URI: http://hdl.handle.net/10087/8843
ISSN: 2185-8209
Appears in Collections:第13号 (2014)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
GKOKUS-13-02.pdf662.94 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback