DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬パース大学(Gunma Paz University) >
10 群馬パース大学紀要 >
第15号(2013) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/9165

Title: 森林浴の歴史について
Other Titles: History of the forest bathing
Authors: 小林, 功
Kobayashi, Isao
近藤, 照彦
Teruhiko, Kondou
武田, 淳史
Takeda, Atsushi
Keywords: 森林浴
森林療法
フィトンチッド
α-ピネン
血圧
Issue Date: 31-Mar-2013
Publisher: 群馬パース大学
Citation: 群馬パース大学紀要 15, 3-8, (2013)
Abstract: 林野庁長官、秋山氏は1982年、最初に“森林浴”を提唱し、森林療法の概念を確立した。“森林の中には殺菌力を持つ独特の方向が存在し、森の中にいることが健康な体をつくる”とする、この構想の下につくられた林野庁のオリジナルの概念であった。それは健康な体をつくるために、国有林や他の自然林を利用して、心身ともに鍛えるためにそれらを利用することから始まる。国有林と自然林での生体反応を楽しみながら。健康な身体の状態を取り戻すためには、森林浴でのハイキングにより、健全な心身の健康状態を取り戻す必要がある。 ところで、我々を含む人間、日本国民が、人為的に古代からの自然環境の下で現代文明、文化を発展させてきた。人間は約500万年前の人類の誕生から、その長い歴史の中で人間と自然との関係について考えるとき、人類は現代の都市文明の中で生きていると言える。人間は、自然界に適応しながら、サルから進化した人間にとってこのことは、長い歴史から見れば、ごく最近の出来事であるが、それまでは、森林の中で、長い時間を共存してきた偉大な歴史があり、この中で、人類は進化してきた。加えて、我々日本人は欧米人とは異なる親密な自然観のもとに生活をしている。この点からも、現代人においても、私たちの周囲の自然環境が密接に温泉周辺の森林生活環境に快適性を認めている。日本は森林の土地面積が全体の75%を占め、世界有数の森林国の一つである。この数値は、アマゾン流域の無限のジャングルを持つブラジルと同一である。 一方、中国、イギリスに至っては、10%前後の少ない森林の土地面積となっている。日本は、亜寒帯から亜熱帯まで、北海道から沖縄まで細長い気候分布を持つ中で人々が生活している特色を持っているのである。
URI: http://hdl.handle.net/10087/9165
ISSN: 1880-2923
Appears in Collections:第15号(2013)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
PAZ15-02_64954.pdf456.92 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback