DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬パース大学(Gunma Paz University) >
10 群馬パース大学紀要 >
第13号(2012) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/9573

Title: 受け持ち患児の疾患の違いによる小児看護学病棟実習の学びの特徴 ―A大学看護学生の実習状況から―
Other Titles: Characteristics of Student's Learning Depending on Difference in Diseases of Children Assigned to the Students on Nursing Training in Pediatric Wards -From A College Students' Nursing Training-
Authors: 野田, 智子
Noda, Tomoko
柴﨑, 由佳
Shibasaki, Yuka
Keywords: 小児看護学
病棟実習
受け持ち患児
疾患
実習経験
Issue Date: 30-Mar-2012
Publisher: 群馬パース大学
Citation: 群馬パース大学紀要 13, 21-31, (2012)
Abstract: 本研究は小児看護学病棟実習における受け持ち患児の疾患の違いによる実習経験の特徴を明らかにし、実習指導の示唆を得ることを目的とした。その結果、「急性疾患の場合は治療に関連する看護技術を経験する機会は多いが、看護過程の展開には困難を要する傾向がある」、「先天性の疾患の場合は日常生活に関連した看護技術を経験する機会は多いが、家族と病態に関するアセスメントには困難を要する傾向がある」、「慢性疾患の場合は全般的に経験できる看護技術は少なく、家族のアセスメントに困難を要するが、看護過程の展開は容易な傾向にある」といった学びの特徴が明らかにされた。そして疾患別の学びの不足を補うためには、学生の受け持ち患児はできるだけ異なる疾患を選出し、グループ内の学生同士で学びを共有しあうことの示唆を得た。
URI: http://hdl.handle.net/10087/9573
ISSN: 1880-2923
Appears in Collections:第13号(2012)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
PAZ13-03.pdf1.79 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback