DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
上武大学(Jobu University) >
03 紀要論文 (Departmental Bulletin Paper) >
0306 上武大学ビジネス情報学部紀要 >
第14巻 (2015) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/9628

Title: OECDの開発理念の再考 : 投資の政策枠組みの改訂からのインプリケーション
Other Titles: Rethinking of the Idea of Development by the OECD : Implications from the Updated Policy Framework for Investment
Authors: 藤田, 輔
FUJITA, Tasuku
Keywords: OECD
途上国
投資の政策枠組み(PFI)
持続可能な開発
グリーン成長
Issue Date: 3-Nov-2015
Publisher: 上武大学
Citation: 上武大学ビジネス情報学部紀要. 2015, vol.14, p.1-14
Jobu Daigaku Bijinesu Joho Gakubu kiyo (Bulletin of Faculty of Business Information Sciences, Jobu University). 2015, vol.14, p.1-14
Abstract: 本稿では、経済協力開発機構(OECD)において、これまで、あらゆる途上国の投資環境の自己審査及びその改善に貢献してきた「投資の政策枠組み(PFI:Policy Framework for Investment)」が2015年6月に改訂されたことを踏まえ、それを検討し、そこから読み取れるOECDの開発理念について、政治経済学的な観点から考察を図ることを主眼とする。その中でも、持続可能な開発が国際社会の潮流となっている中、開発に貢献しうる投資環境改善においては、責任ある企業行動(RBC:Responsible Business Conduct)、インフラ投資の強化等とともに、特に、低炭素で気候変動の影響に対応できるグリーン成長(Green Growth)のための投資が重要視されてきている点を強調する。
URI: http://hdl.handle.net/10087/9628
ISSN: 2188-5257
NII paper ID: http://ci.nii.ac.jp/naid/110009971045
Appears in Collections:第14巻 (2015)
上武大学ビジネス情報学部紀要 : オンラインジャーナル

Files in This Item:

File Description SizeFormat
525-14-001.pdf634.61 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback